ロサンゼルスヨガインストラクターHIKARU

☆全米ヨガアライアンス認定インストラクター育成コース☆

 

昨日のローズマリー先生によるバックベンドのワークショップに引き続き、

今週のティーチャートレーニングは、ゲストティーチャーによる特別ワークショップでした。

そして、今回は、前回、インバージョン(逆転のポーズ)のワークショップで

大変好評だったアイアンガーヨガより、ジェイ先生が戻ってきてくれました♪ パチパチパチ

 

今回の課題は、フォワード フォールド(前屈のポーズ)です。

 

効果•効能

・ハムストリング、ふくらはぎのストレッチ
・腰痛緩和
・内臓の働き強化
・脚、背中の引き締め

 

 

それでは、シークエンスからいってみましょう☆

 

         Sukhasana

(アイアンガーでは、必ずパタンジャリのチャントをします)                          Dandasana

   DSC02955       DSC02953

 

 

                        Dandasana                         Urdhva Hastasana

DSC02956     DSC02957

 

                        Supta Dandasana

DSC02961     DSC02962

 

 

                                                                         Supta Padangusthasana

DSC02964   DSC02965

 

 

      Supta Padangusthasana

DSC02966    DSC02967

 

            マットを使って足の重心を感じる練習

     (これ、けっこう痛いっていう人多いんですー!足の裏のストレッチに効果的です)

 

DSC02968    DSC02970

 

                      Uttanasana

(マットを巻いて足のかかとに乗せる)         (マットを巻いて足の指の方を乗せてみる)

DSC02975     DSC02976

 

 

                                                                                         Uttanasana

       (足を開いてみる)                (足を閉じてみる)

DSC02978     DSC02979

 

                                                             Uttanasana(椅子を使ってみる)

DSC02981   DSC02982

 

                          Paragusutasana                                                                           Parahastasana

DSC02984    DSC02985

 

                          Uppavistasana                                                                           Baddha konasana

DSC02987     DSC02989

 

                    Parsvottanasana

(椅子を使って)                   (ブロックを使って)

DSC02990  DSC02992

 

 

Paschimottanasana(椅子を使って)

DSC02993   DSC02994

 

 

Paschimottanasana

DSC02995    DSC02996

 

 

Marichyasana

 

 

DSC02997  DSC02998

 

 

Janu Sirasasana

アイアンガーとアシュタンガでは膝の開き方が異なります。

アイアンガーでは、膝を90度以上にひらきますが、アシュタンガでは90度の角度です。

アイアンガーの方が体に優しいですね☆

DSC03001   DSC03002

 

 

 

Paschimottanasana

 

DSC02999    DSC03003

 

 

 

Halasana Up and Back(ハラサナから前、後ろに転がります)

DSC03004    DSC03005

 

Salamba sarvangasana                                                                                   Matsyasna

DSC03006   DSC03008

DSC03009  DSC03012

 

 

アサナ練習、お疲れさまでした。

 

それでは、後半はアサナ講義の始まりです。

 

DSC03013

 

今回行われたフォワード フォールド(前屈のポーズ)ですが、大きなポイントがあります。

•上半身のその上半身(肩甲骨と肩甲骨の間は中に入るのでアッパーバックベンドになります。

•胸を前、そして上へと引き上げる。

•あばらを上へと引き上げ、背骨をまっすぐ伸ばす。

 

よく、前屈のポーズで間違えやすいのが一生懸命前に倒そうとする事で、

肩が中に入ってしまい、背骨が丸くなってしまいます。

 

前屈のポーズは、上半身が下に近づくから良いというポーズではありません。

しっかり、体の使い方を観る事でまったくちがう効能になります。

この3点を守ると、上半身が下に近づく事はとってもとっても難しく長い時間がかかります。

でも、それでいいんです。ヨガは完璧なポーズを目指すことでもなく、人と比べるものでもなく

自分の為の練習です。 また、無理ヤリするのではなく、動きとリラックスが両立できるように練習しましょうね。

そして、前屈で腰が痛い人はまず、ベース(足)を鍛えましょう。無理に腰を曲げると余計に悪くなってしまいます。

ベースを十分に鍛えてから上半身を曲げる練習をしましょうね。

 

今日も5時間という長い時間のワークショップありがとうございました。

ジェイ先生は、本当に分かりやすくて、楽しくて、とっても良いワークショップになりました。

生徒さん、皆終わった後は、アイアンガーヨガがもっともっと大好きになったという人がとっても多いです。

 

また、このライジングロータスのプログラムは、普通のスタジオと違い、それぞれのスタイルに合わせて

スペシャリストのゲストティーチャーを呼んでいただきワークショップをして頂けます。

これって、実はとってもレアなんですね。 ほとんどのスタジオは、先生が決まっていてその先生だけが教えることがほとんど。

でも、様々なスタイルのスペシャリストから学ぶ事で、確定した先生の1つのパターン化ではなく、いろんな角度からヨガを観る事ができます。

あっ、この先生はこうなんだ。私にはこっちのほうが合うな。とかきっと出てくるはずです。

ティーチャートレーニングとは、生徒一人一人のティーチャートレーニングであり、

私たちスタジオ側のティーチャートレーニングではありません。

生徒に取って何が一番大切か? 生徒が最高の環境でヨガを学べる。研修が終わった後、生徒からその下へ下へ繋がってほしい。

そして、ジャラヨガを通して、良かったな☆と思っていただきたい。いつも、生徒の立場になった研修を心がけています。

 

急に熱くなってしまいましたが(笑)

こんな、充実したプログラムに興味のあるかたは、こちらまでお問い合わせください♡

 

 

 

  2015年1月開催  

日本語通訳付き全米ヨガアライアンス認定       お問い合わせ・お申し込みは

    ティーチャートレーニング                   こちらまで

443741368_640   logo (1)