ロサンゼルスヨガインストラクターHIKARU

8月22日に行われた、第9回目ワークショップ。

 

今回の課題は、

“スタンディングポーズ時のアッパーバックの使い方”

を深めていきました。

 

前回は、主にアッパーバックについて学んで行きました。

ですので、今回は、スタンディングポーズをしている時に、

どのようにアッパーバックを組み合わせていくか。

 

スタンディングポーズの基本は、常に土台です。(足)

まずは、土台となる足をしっかり確認する事が大切ですが、

もう皆さんだいぶ慣れてこられて、足が強くなってきました。

(素晴らしいです♪)

 

土台がしっかりとできてきたところで、そこへ上半身の使い方をプラス。

手の使い方1つで、肩甲骨の動きます。

肩甲骨1つの動きで、胸が開きます。

胸が開く事で、呼吸が楽になります。

 

などなど。

 

ポーズのアライメントを整える事で、ポーズ自身の持っている効能を最大限に引き出す事ができます。

 

その効能が発揮できたとき、アサナ本来の素晴らしいエネルギーを感じれる事ができると思います。

 

その後は、皆さんのお待ちかねの、ヨガクルンタ。(ロープを使ったアサナを、ヨガクルンタと言います。)

 

ぶら下がりロープヘッドスタンド)

ロープ1(ロープを使った胸開き) ← 特に肩こりがある人には効果大!!

 

ヨガクルンタは、自分では全く動かす事のできない筋肉も

ロープのおかげてしっかりと動かしてくれたり、開いてくれたりします。

 

何とも、痛きもちいい感覚が癖になります。

終わった後は、マッサージの後のような、血液がダーーーと流れるのを感じる事ができますよ!!

 

ヨガクルンタができるスタジオはとっても少ないです。

このスタジオは、ヨガクルンタの最中に、海が前に広がる本当に本当に素敵なスタジオです。

 

こうした素晴らしい環境で、皆さんとヨガを出来る事は、本当に感謝しております。

 

ナマステ

 

 

次回のスケジュール

 

9/19日(SAT)詳しくはこちら

1:00 〜 3:00 PM(時間が変わっておりますのご注意下さい)

 

ご予約はお早めにどうぞ。

こちらから

 

 DSC02272

 

DSC02273