ロサンゼルスヨガインストラクターHIKARU

 10649673_967629379932575_6261012251582214082_n

 

ナマステー

2014年は私にとって1つ大きな変化がありました。

インドへ行って参りました。これは、私の大きな目標だったのと、また新たな課題ができました。

インドのヨガ研修は素晴らしい研修でしたが、ヨガ以外の部分ではとても考えさせられる国でした。

素晴らしい、綺麗、ひどい、汚いが、全て混じった国だと思いました。帰ってきてからも、インドでの事が頭から離れません。

バックパッカーの旅でしたので、観光ブックでは見えない部分がたくさん見えて、何とも言えない気持ちです。

国が大きすぎて私なんかでは何もできないと解っていても、ずっと考えてしまいます。

それと共に、今ここにいる自分が何者でもなく幸せものだということに気づかされています。

今回の旅は、一皮むけず、一皮内側に入った自分になったかなと思います。

 

さて、ヨガトレーニングはと言いますと、

アイアンガーヨガという流派の、尊敬するアイアンガー師の娘、

ギータ先生から10日間のヨガクラスを受けれたということです。

10849955_973840552644791_8074966680334892779_n

 

 

アイアンガーヨガとは、B.K.S.アイアンガー師によって編み出された、ヨガのメソッドです。

アイアンガー師はヨガ修行やヨガ哲学の決定版となる本を数多く著作し、中でも1966年に初版された「Light on Yoga(ハタヨガの真髄)」は、アサナ(ポーズ)習得における最高の参考書とみなされています。ヨガ講師たちが教えるアサナの正しい方法は、そのほとんどがアイアンガー師の著書に示されたアライメント(正姿勢)を参考にしていると言えるでしょう。 アイアンガーヨガは正式認定資格を持つ指導員たちによって、現在86カ国以上で教えられており、数百万人の人が練習に励んでいます。 アライメントという考え方、ヨガマットをはじめとした道具の使用、治療法としてのヨガの確立。これらすべては、アイアンガー師が現代のヨガ界にもたらした功績と言えます。アイアンガー師は2004年の「Time」誌上において「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたヨガ指導者。娘のギータ師、息子のプラシャント師も国際的なヨガ指導者です。*アイアンガー師は8月20日に95歳で亡くなられました。

 10559891_980883538607159_7460392739157567376_n

 

 

 

トレーニング、トレーニング、トレーニングの毎日

特に、アイアンガーヨガの先生は厳しくて有名です。

余計な事は一切言わず、はっきり、時に叩かれることも。笑

まさに、ヨガ=リラックスという言葉はどこ?

と考えてる暇があれば、先生から一言。

 

リラックスを考える暇があれば、練習しなさい。

体をコントロールできるようになってから、始めてリラックスできる。

または、

体をコントロールできないのに、リラックスができるはずがない。

自分に厳しくトレーニングする必要がある。

ヨガ=人生のアート

マットの上だけがヨガではありません。ですが、マットの上は自分の1番大切にするべき仕事であり、それなしにフリーダムは生まれません。これは、皆様も感じた事もあると思いますが、体が健康ということが一番のフリーダムだと思いませんか? 健康だからこそ、人生のアートをエンジョイする事ができるのではないでしょうか?

 

そうすれば、体は言う事をきき、暗闇から自由が生まれる。

それとともに、学び、優しさを経験する。

最初から頭で自由を求めるものには、暗闇から抜け出す事ができないと。

 

さて、難しい事は考えずに、

トレーニング、トレーニング、トレーニングから

始めて行きましょう!!

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 33