ロサンゼルスヨガインストラクターHIKARU

今年の1月、Rising Lotus Yoga にて、RYT200ヨガティーチャートレーニングを受け、

その後、私の人生は大きく変わりました。

ヨガに対する考え、アサナ(ポーズ)、心、一緒に心から涙を流した第2の家族のような仲間達、そして、好きな事を、仕事にできる事。これがなかったらジャラヨガはできていなかったと思います。

ジャラヨガを作ったきっかけは、どうしても、このティーチャートレーニングを日本にも広げたい!!とこころから強く思いました。でも、まずはスタジオに聞いてみる事には何もならないですよね。

ちゃんと真剣というのを伝えたかったので、スタジオオーナー兼先生クレアにアポをとってお茶をしました。

自分の思いを、すべて相談してみました。色々とお話をした結果、先生も、曖昧ではなくちゃんと学ぶ意思があるならやってもいいと言う答えをもらいました。

この曖昧というのは、しっかり分かってもらうまでのトレーニングをできる意思があるという事。

そして、生徒達をリスペクトし、安心して受ける事ができる事を前提にという意味でした。

アメリカは、日本はお金があると思い、いいビジネスになると思う人は多いと思います。

でも、オーナー兼先生のクレアは、本当にヨガの心が根付いている人なんです。

『クレアは、日本だからとかアメリカだからとか関係なく生徒がいて私がいる。ただ、私に教えられる事を、すべて教えるだけでその為に、日々練習、勉強を続けている。』なんて素晴らしい人。

もともと、トレーニングを受けたときから、厳しいんだけど、本当に生徒思いで信頼できる先生だったけど、もっともっと、大好きになりました。それから、ヨガアナトミーの通訳ができる人、ヨガもできて翻訳もできる人。これが本当に難しかった。

ただの通訳ではなく、ヨガがついていますから。

でも、本当に友達に恵まれ、紹介して頂く事ができてました。会ってみると、これまた本当に素晴らしい人で、日本でもアナトミーを教えたり、通訳の仕事はもちろん、アメリカでもカイロプラクターのドクターの方。そんな大忙しにも関わらず、快く引き受けていただきました。

また、クラスの通訳をしてくださる方も、アメリカでフリーランスで通訳の仕事をしながらなので、仕事が1ヶ月でも入れていただけるとことで、本当にこれは、まさに探していた人!! 思いは伝わるんです!!!

それから、ホームページを作り、着々とジャラヨガの設立をし始め、スタジオと何回もミーティングを重ねた結果、ようやく形になってきた今日この頃。

日がたつのも早く、もう11月、秋ですね。ロサンゼルスは、まだまだ、暖かくここちよい日和です。

そんな、明日、 Rising Lotus Yoga スタジオにて、2013(秋)全米ヨガアライアンス認定200時間ティーチャートレーニングが始まります。

これは、現地のプログラムですが、アシスタントとして入らせていただく事になりました。

これから、クラスの様子などたくさんアップしていく予定です。

 

編集   facebook_-1628582257

 

 

                      

 

  2015年1月開催  

日本語通訳付き全米ヨガアライアンス認定       お問い合わせ・お申し込みは

    ティーチャートレーニング                   こちらまで

443741368_640   logo (1)

 

最近の投稿
カテゴリー
日付別アーカイブ